手話ムービー:トーク編 「被災に備えてお互いができること」1

更新日:

 

いかがでしたか? トークの内容、わかりましたか?(●^o^●)

 

なんとなく雰囲気だけでもつかめるよう、何度でも繰り返して再生することをオススメします(-_-)/~~~ピシー!ピシー!(笑)

 

最後に、トークの内容を読みたい方は、下の「トークの内容を表示する」ボタンを押してください。内容について表示されます~ |ω・)

 

A:「(聞こえない人たちが、)地震が起きた時に困るのはどんなことでしょう?」

B:「困ることは(大きくわけて)ふたつあります。ひとつは『情報(の問題)』、もうひとつは『コミュニケーション(の問題)』です」

A:「『情報(の問題)』って、具体的にはどういうことですか?」

B:「『情報(の問題)』と話したのは、(例えば)避難所での放送などが私は聞こえないので、食糧や飲料水の入手が難しい(かもしれない)・・・」

A:「なるほど・・・『コミュニケーション(の問題)』の方は、具体的にはどういうことですか?」

B:「『コミュニケーション(の問題)』と話したのは、(避難所では)周りは聞こえる人ばかりで、そういう人たちから見ると(※聴覚障がい者は見た目では気づかれにくいから・・・たぶん、)私も聞こえる人だと(勝手に)思われる(かもしれません)。でも、そうではないので・・・」

A:「なるほど・・・」

B:「聞えないので、(コミュニケーションには)スマホ・携帯電話での文字入力、体を使った身振り(ジェスチャー)、筆談をお願いすることになります」

A:「なるほど・・・わかりました・・・」

B:「・・・」

A:「・・・」

B:「・・・」

A:「・・・」

 

(笑)(笑)(笑)

 

 

-手話ムービー, 手話ムービー:トーク編

error: Content is protected !!

Copyright© 東京都千代田区で手話通訳やパソコン要約筆記(パソコンテイク・PC通訳)などの情報保障、その他ボランティアなど様々活動中!|特定非営利活動法人 ホープ NPO★HOPE , 2018 All Rights Reserved.